« 幸福 | Main | 光 »

Saturday, 05 November 2005

愛語

naguriko


無財の七施

一.捨身施・・・心から人に親切にし、世話をよくすること
一.心慮施・・・人の悲しみや苦しみを自分のものとすること
一.和顔施・・・人にはやさしく、ほほえみで接すること
一.慈眼施・・・人をいつくしみ、深い思いやりでみること
一.愛語施・・・人に真心のこもった、よい言葉で語りかけること
一.房捨施・・・人の心にゆとりと喜びを与えること
一.床座施・・・人に席をゆずるように、ゆずり合いの心を持つこと
 
                     -「あったまる禅語」より


今週の月曜日、病院のベッドで考えていたことがあった。いつも笑顔でいられたらいいな・・・と。
今週の水曜日から、仕事がらみでまた心がつぶれそうになっている。
悲しみ、悔しさ、無念、恨み・・・など、どんなにプラスに考えようとしても浮かんでくるのは、マイナスな言葉。これはいけない、自分がどんどん谷底に落っこちてしまう、と、今日、仕事から帰ってきた夫に頼んで、ちょっと大きめの本屋に連れて行ってもらった。
そしたら、こんな言葉が見つかった。「そうだ、そうなの!これなの。私が今欲しいのは、まさにこの心境なの!」と嬉しくなった。
昨日から仕事に復帰し、学生たちと会って、話して、学生たちが待っていてくれているこの環境をありがたい、と心から思った。だからこそ、マイナスな世界にどうしても引きずられたくなくて、じたばたともがいていた。
笑顔でいたい。
温かい言葉を使っていたい。
こんな心持ちで人に接したい。
ようやく出会えた。大事にしよう。

写真は名栗湖の夕日(夫が撮影)

« 幸福 | Main | 光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

写真が採用された♪ 山肌のグラデーションがきれいだったので撮った写真。

姫はいつも七施にあたることをやっていると思うよ。 でも、こうしてことばにして意識すると、いいことなんだな、つづけていくといいんだな、とわかるね。 収穫だね。

七施が私のこころの奥深いところに響いた。とても感動というか、なんというか言葉にできない感動。素敵。
私も、七施を毎日思いながら生きたい。
ありがとう。
パワーをまたもらった。
いつもいつも、姫には前向きになろうとするエネルギーをたくさん頂いているようだわ。

Thank you so much.

私も、姫と同じようにプラスに考え、前に進みたいと思いながらも、嫌な事があると、ついマイナスな考えが頭を循環する。

だから、この七施との出会いはこれからの生き方を変えてくれるはず。

本当に本当にありがとう。

>はーくん
この写真は色が上手に捉まえられていてなかなかいい作品だね^^
この仕事を始めた頃から去年まで、私のそれは「嫌われたくないから」という気持ちから、半ば焦るようにやっていたので、今思うと、それは本当の七施ではなかったんじゃないかな。
「嫌われたくないから」「好かれたい」という動機のない、真の愛の気持ちを持って、人に接することができること、それが私には必要なんだと思ったよ。

>mayo
病気をするようになってから、ずっと在りたい姿っていうのがあったのだけれど、なかなかそう在れない自分がいて、どう在ったらいいのか、ずっと探し続けていた。
私はね、観音様の笑みと柔らかい線の体つきが、ずっと憧れだったんだ。
最近は、菩薩様のような超越した穏やかさも惹かれる。
この「七施」は、どう日常で実践すれば、このような笑みと表情を浮かべることができるのか、の具体的なヒントをもらえたような気がして、ほんとに大きな出会いでした!
だからお裾分け^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛語:

« 幸福 | Main | 光 »

Recent Trackbacks

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ