« April 2006 | Main | June 2006 »

Sunday, 28 May 2006

Anyway Poem

Imgp4319


一日の中で、晴れ渡っているときと、大荒れのときと。
最近の天候のような、私の心模様。
正確には晴れたり、荒れたりしているのは、
私の関わる人たち。
だからひどく哀しい。

昨日、晴れ渡っている時間をくれた人に、
こんな言葉をもらい、
私はその前後で、大荒れに遭っているので、
なおさら、この言葉が心に浸みています。

私はこう在りたい。
こう在ろうとする私に腹を立てたり、
殺すほど憎んだとしても、
やはり私はこう在りたい。


Mother Teresa's Anyway Poem

People are often unreasonable, illogical and self-centered;
Forgive them anyway.

If you are kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives;
Be kind anyway.

If you are successful, you will win some false friends and some true enemies;
Succeed anyway.

If you are honest and frank, people may cheat you;
Be honest and frank anyway.

What you spend years building, someone could destroy overnight;
Build anyway.

If you find serenity and happiness, they may be jealous;
Be happy anyway.

The good you do today, people will often forget tomorrow;
Do good anyway.

Give the world the best you have, and it may never be enough;
Give the world the best you've got anyway.


<<日本語訳>>

マザーテレサのAnyway Poem

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしてもおそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
けり返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。


気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。


#写真は、我が家の「ぼーぼーに育っている」ミニ大根。
最近、育て主がのびのびしているからか、
このミニ大根だけでなく、うちで育てている植物たちは
みな、のびやかにぼーぼーになっています。

Wednesday, 24 May 2006

覚え書き

否定的な気分でいっぱいのときに、例え、自分にまったく関係ないものだったとしても、その時に目にする否定的なメッセージは、まるっきり自分自身に当てはめてしまうものなんですね。

ということを、今回の絶不調の間に経験し、もう自分は再起不能かと思うくらい、最悪の考え(ようは自分を究極的に攻撃する言葉)が頭をぐるぐるめぐって苦しみました。

そういう時に限って、人は全然そんなつもりではないのに、本人にとっては「これでもか~」と追い打ちをかけるように変にタイミングのあってしまう出来事が重なるし。

でも、それらの経験は、今の自分を徹底的に見つめるためのいい機会になりました。

今の私は、「何もしていない人」なのか。
今の私は、「大したことない人」「つまらない人」なのか。

そして、では、今の私は、いったい何をしているのか。

とある否定的なメッセージに打ちのめされそうになりながらも
自分を見つめ考え続けました(踏ん張りました。だって、それが私の専門ですから)。

元気を取り戻しかけてるかな・・・そんなときに、本来の元気な私を完全に取り戻させてくれた出来事が、今週になってありました。

とても特徴のある学生とのやりとりだったのですが、その学生が、おそらく彼と私が出会ってからは初めて、彼が私に自分のプライベートな話を、ずいぶん長い間話してくれた時間でした。

その時間を過ごし終えたら、気づいたらとても柔らかい笑顔になっている自分に気づきました。

そして、「私はこの仕事(臨床)が、誰が何と言おうと好きなんだな~」と何の無理もなく、本当に自然に思うことができ、それがすごく嬉しく、そこで一気に自分は元気を取り戻したような気がします。

確かに、客観的に見ると、私は「何もしてない人」なのかもしれません。
そう言われて怒ったり、くやしがっても仕方ないことですよね。
今の私がしている作業は、外からは見えないですから。

ここ1年くらい、自分でもよく飽きずに続けているな・・・って思うことを続けています。

そして、そこで見つけ出されたことは着実に積み上がってきているな・・・と実感します。
先述の彼と過ごした時間の中でもそれは実感することができました。

しかし、この作業には膨大な時間がこれからもかかると思います。
これをやっている最中は、形には表れません。

だから、今しばらく、やっぱり人には「何もしていない人」に映り続けるのかもしれませんが、私が何故、こんな作業をすることにしたのか、それを決意したときのことを、自分を見失いそうになったり、そのことを知らない人にあれこれ言われたときこそ、落ち着いて思い出し、目先のことに振り回されないでいたいと思います。

抽象的な表現でごめんなさい。
読んでいても分からないですよね。

今回の記事は、自分にとっての覚え書きでした。

元気です

皆さん!

お陰様で気づいたら元気になってました!
(気づくのが遅い・・・と自己突っ込み)。

今回の大不調、
抜けてみると、貴重な体験をたくさんしたので、
せっかく元気も戻ってきたタイミングですし、
しばし、研究にこのエネルギーを注ごうと思います。

とは言ってもブログ上では
そんなに何も変わらないと思いますが。

こう書くと何だか格好良くは聞こえるけれど、
私の今日早速おっぱじめた「研究」の際のスタイルは、
研究室の地べたにべったりと座って
そこで論文を読むこと2時間。
もっとまともなスタイルをとるべきだと自分でも思うのですが
そんなものです、私は・・・。

一応宣言だけさせていただきました^^

追伸:しばし、「てんねん」を書く気力もなかったので
書かないでいましたが、この絶不調の間にも
やってのけた私のお言葉。

「来週の授業の予言をします」

それを言うなら「予告」です。はい。
いったい、私は講義で何をしようとしているのか。¢(`=`)_ρ

Sunday, 21 May 2006

夜間飛行

Imgp4345

ジャズバイオリニスト寺井尚子さんのライブに行って参りました~^^

バイオリンと言えば、クラシックしか知らなかった私。
寺井尚子さんの存在は、何を隠そう音楽の話、趣味の話をお互いにするようになった頃、今の夫が教えてくれたのでした。(´~`ヾ)

2002年の味の素スタジアムであった東京JAZZで、本物を初めて観たとき、クラシックバイオリンはとうの昔にあきらめた私に、新しい世界をもたらしてくれました。

今回、田舎の我が街に、何と寺井尚子さんがいらしてくれることが分かり、早々にチケットを買って、この日を楽しみにしていました。

素晴らしかったです~♪
名曲Spainをまさか聴けるとは思わず、言葉にもならないほど感動でした。

JAZZは、私はまだほとんど分からないのですが、その場の臨場感に合わせて、即興で作られる音楽。その場にいると「音を楽しむ」とはこういうことか、と音楽の面白さ、魅力をダイレクトに感じる面白さがありますね。

何よりも、こんなにも楽しそうにバイオリンを弾く人には出会ったことがありません。
ぴょこぴょことステージ中をはね回り、靴のヒールを折るほど、足を跳ね上げ、白い歯がにょっきり演奏中に見える。本人も言っていますが、いずれもクラシックバイオリンの世界ではありえないことです。

私も、楽器を実は持っているのですが、今の楽器に新調するきっかけを与えてくれたのは、寺井尚子さんでした。
「もうバイオリンはいいや・・・」そう思って、楽器を全くさわらなくなり、壊れたバイオリンの修理をすることもなく放って久しかった頃に、先ほども書いた東京JAZZで寺井尚子さんに出会いました。
正直、ぶっとびました。今までのバイオリンというものの既成概念をまったくぶちこわしたような、そんな演奏と姿でした。

「こんなバイオリンだったらやりたい!」
そう思って、そこから、バイオリン探しを始め、気づいたら新しいバイオリンちゃんが我が家に来ていました。

寺井尚子さんは、私の中ではすごく大きい存在です。

今日は、ひっさびさにバイオリンを出して、夫の特訓の元、ウェザーリポートのバードランドを練習してます^^

Imgp4333

Friday, 19 May 2006

2年目の不調~強いということ

Imgp4157


不調は不調、絶不調です【><。】

今回の不調を迎え、気づいたことがあります。
私は何でも「2回目」がだめ。

初めて精神症状を体験したのが、修士課程の2年の春。
診察に来る患者さんの症状をそのまま体験したのが、クリニックに勤めるようになって2年目の春。どちらも2日ばかり休養したら、お薬を飲むこともなくきれいに消えましたけれど。

このブログに何度も書いている「大病」を発症したのが、大学の常勤のスタッフとして勤めるようになって(準助手のようなもの-正式な職名を書くとどこの大学か分かる人には分かってしまうのでヒミツです-)迎えた2年目の春。

「大病」がだいぶ小康状態を保っていたのに、一気に悪くなってしまったのは、異動した大学(助手)に勤めて2年目の夏。

完全にバーンアウトのような状態で休職せざるを得なくなったのは、今の大学に常勤講師として勤め始めて2年目の秋。

そして、今回。復職してから迎える2年目の春。

こうして、並べると何だか病気ばっかり、私。
見事に「2回目」がだめなんだな~って、「2年目の法則」に気づきました。

1年目、初めてばかりのとき。
とにかく難しいことも考えず、がむしゃらに走ることができるみたいです。
周りも、わたしのとんちんかんな解釈と行動には、笑って済ましてくれますし。

しかし、2年目。
失敗も無知も笑って済まされなくなります。
そして、私自身、自分のプライドが邪魔するのでしょうか、もともと新しいことを身につけるのは何でも時間がかかる私。2年目といえども、理解していないこと、分からないことがいっぱいにもかかわらず、「今更聞けない・・・」と自分一人で抱え込み悩みこんでしまう。
それでいて、妙な責任感と莫大なプレッシャーが自分自身にかかり、それが焦り、不安、心配、遅延、ミス、叱責を招く、でもそれを誰にも言えない・・・

そんなことになるようです、どうも私は。

今回の不調も激しいです。
睡眠がうまくいかないことから始まり、咳がとまらない、身体のだるさ、億劫さ、頭痛、首・肩こり、全身のあちこちの痛み、吐き気、胃痛、下痢、不安と焦りと恐怖と憂鬱感。

ここ半月ばかり、自分の状態を具体的に文字にしてみることは一度もしなかったのだけれど、こうして並べてみると自分でも、「あちゃーーー」と思います。完全に自律神経失調の症状ですね(って自分で冷静に分析してどうする・・・)

でも、今週、4月からで一番ハードだった今週の予定を全て終えようとしています。
とても自信になりました。

出かける前は不調でも、仕事を開始するとまったくその症状は忘れてしまい、集中してやれるようになりました。
仕事を終えたあとは、へっとへとだけれど、以前と格段に違うのは、お腹がすくことと、食事がとれること。体重は週の最初は1キロほど減っても、週の中盤からはまた元に戻ります(因みに休職の頃に比べて10キロ増をキープ。標準体重ですよ^^。なかなかよろしい)。

そして、人に「調子が悪いんだ」と話せるようになったこと。
学生の前でも「今日は絶不調なんです。いつものテンションは出せません。ごめんなさい。一生懸命はやるけれど、聞き苦しかったらごめんなさい」と、まず講義の最初に言えるようになりました。あーあ、今日はめっちゃくちゃだなぁと思ったときは、「ごめんなさい。具合悪くて、頭も回りませんでした」とあとで学生に謝ることができるようになりました。

以前の私は、自分が具合悪いところは人には見せちゃいけない、いつも一定のテンションを保っていないといけない、弱い自分も見せてはいけない。

そう思っていました。

それが間違っていたんですよね~。
弱っているときがあるのも人間。
どうしてそれを出すのがいけないのでしょうね。
たぶん、それを出すのは「強くないことだ」って思っていたからではないかと思います。

弱い自分も人にそのまま出せるようになったこと。

不思議とそんな最近の私を、ある人が「強くなったね~」って言ってました。

たぶん、私は「強いこと」というのをずっと勘違いして生きてきたように思います。
何か、大事なことを掴みかけているような気がします。

だからでしょうか、今日は不調が始まった頃から、やる気も起こらなかったヨガをヨガの音楽をかけながら、30分ほどじっくりやり、身体の痛みやら気持ち悪さが消え、ばっくばくと朝ご飯を食べました^^。そしてこうしてブログを書いています。

Sunday, 14 May 2006

かえるちゃん

Imgp4300

5月6日の日から我が家に家族が増えました。

名前は、千代之介くんと命名したはずなのですが、何故か呼び名は「かえるちゃん」。
生粋のニホンイシガメですが・・・。

とても神経質な種類のカメなので、来てしばらくは「僕、逃げるの!」と暴れまくっていました。
でも最近は、かなり落ち着き、私が側によって顔を出すと、くいっと「かえるちゃん」も水面に顔を上げて、じっとこちらを見てくれるようになりました。

猫は興味津々。特にすももちゃんが、毎日”観察猫”をしています。そのうち観察日記でも書きそう。

Imgp4306

Saturday, 13 May 2006

レシピ診断

1週間終わりました~。

もう今週は泣きながら毎日通ってました。
登校しぶりが始まった子供はきっとこんな気持ちを味わうのでしょうね。

特に月曜日。
あんな最悪な体調、昨年までだったらお休みをとるくらいの状態だったのに、行きました!
そしたら、1週間こなせました~^^ 
確かに私は昔からそうでした。休むとかえってだめ。その後は行けなくなっちゃう。
無理矢理にでも行った方が、結局あとも行き続ける。はい、そういう子供だったんです。(って今子供じゃないって)

今日、どうしてもの書類仕事だけ片づけに行ってきます。

さて、世の中では成分分析がはやっているようですね。
先日と同様の理由でネットをうろうろしていたら、かなり笑わせてもらった占いを発見。

レシピ診断。

成分分析と若干似ている感もありますが、それぞれの成分を絶妙なタイミングと順番で加えて行くところが何ともすばらしい。かなりセンスの良さ感じます。

自分に関連する名前をいくつか入れてそれぞれレシピを出して見ました。


○○○○(現在の本名-結婚後の名字で)のレシピ
 

1.ナイフ 11.88 kgと銃 42.12 kgに尊敬という名の調味料と礼儀のいう名のスパイスを加えます。
 
2.下ごしらえは要りません。
 
3.次に16分間180℃の油で揚げます。
 
4.最後に隠し味として悲しみを少々振りかけて、適当に盛り付ければでき上がり!!

備考

  ○○○○が手に入る所:隠れ家的喫茶店

 お値段 (一人前):663万円

*何だか現在の私はちょっと厳しそうな人柄ですね~。確かに、最近の私は、礼儀とか仁義とかにすごいうるさいかも~。「悲しみを少々振りかける」がうっときました【ノ_;】
しかし、現在の私はこんなにお安いのか?


お次はながらくおつきあいした旧姓の私(因みにこれからはペンネームとして出現予定です)。

1.ジーパン 32.4 kgとのど飴 21.6 kgに問題という名の調味料と幸福のいう名のスパイスを加えます。
 
2.材料に飾り包丁を入れ、丁寧に混ぜます。
 
3.次に36分間180℃の油で揚げます。
 
4.最後に隠し味として憎悪を少々振りかけて、適当に盛り付ければでき上がり!!

備考

  ○○○○(旧姓)が手に入る所:縁日の夜店

 お値段 (一人前):6670万円

*何かえらく問題児だな。確かに私は集団生活では常にひどい問題児でした。学生時代はジーパンをこよなく愛し、下北沢で一生懸命古着のジーパン探すほどのジーパンこだわり娘だったし。のど飴も好物だった。実はけっこう合ってるかも。しかも、旧姓の私は現在の私よりずいぶん高級なのね。オホホホホ。


最後に、私の生活の中でとても大切な場となっているこのブログの作者、みやび姫。さん。

みやび姫。のレシピ
 

1.香水 44.28 kgと宝くじ 9.72000000000001 kgに困難という名の調味料と未来のいう名のスパイスを加えます。
 
2.下ごしらえは要りません。
 
3.次に34分間中火で煮込みます。
 
4.最後に隠し味として愛を少々振りかけて、適当に盛り付ければでき上がり!!

備考

  みやび姫。が手に入る所:隠れ家的喫茶店

 お値段 (一人前):5478万円

*何かいい感じ~ヽ( ´¬`)ノ   「未来という名のスパイス」と「愛を少々振りかけて」がすっごい気に入ったわ。お値段も満足。


皆さんもぜひやってみてくださいね~♪
けっこう楽しいですよ。
良かったら、結果知らせてください~^^

 


Thursday, 11 May 2006

人形占い

最近、再び不調です【ノ_;】

ちょっと楽しいことでも見つからないかしら・・・とネットをうろうろしていたら、こんな占いを見つけました。

人形占い。

博多人形とか雛人形とか京人形などなど、何だかみやびで素敵だわ♪なんて、しなくていい期待を寄せながら、質問に答えて、わくわくして診断結果をクリック。

結果は・・・


わら人形。


えぇぇぇぇぇ~(;° ロ°) ナンジャコリャ


私ってわら人形?
しかもわら人形って「人形」?

そんなにうらめしそうかしら私。
きっと怒らすと怖いんだわ(爆)。
根はばかがつくほど単純だから、根にはもたないタイプなんだけどな~。

でも、出た診断結果、よく読むとやたら当たっています。
ネット上で遊ぶ占いでは、当たっているところとそうかな・・・って思うところと結構あるんだけれど、この診断結果は、全て当たってますね。この結果にびっくり。

皆さんもお試しあれ~♪

では、以下、私の診断結果です。
でも、これ読んで嫌いにならないでね~;;

--------------------------------------------------------------------------------
 人形占い 結果

好き嫌いが激しい
物事の好き嫌いが極端なタイプ。ただし、それをおもてに出さずに我慢してしまうので、思い切りストレスをためこんでしまうことがあります。

ひとりの時間が大切
集団行動が苦手なせいもありますが、プライベートな時間がないと耐えられません。

正義感が強い
物事は常に白黒はっきりつけたい人。善と悪についても、きっちりケジメをつけないと気がすみません。

キレると怖い
不満があっても、簡単には口に出さないタイプ。我慢を重ねて積もり積もった不満が爆発してしまいキレるのです。

コツコツ努力する
地道に努力するがんばりやさん。人知れず努力している自分がすきなのです。でも誰かに「がんばってるね」「努力家だね」といわれるのは嫌いです。

常に何かに打ち込んでいたい
打ち込むものがないと、パワーが出ないタイプ。だから常に夢中になれるものを探しています。

人の話を聞かない
ついほかのことが気になって、会話の最中にほかの事を考えてしまったり。人の話を聞いていないことが多いのです。


Saturday, 06 May 2006

ミニ大根

Daikon

写真は、4月の半ば頃に種まきした、ミニ大根の葉っぱです。

少し前から、食卓に並ぶようになりました。
本当は「大根」なので、赤や白やらの小さな大根になるはずなのですが、それはもう少し時間がかかるようです。

プランター栽培しているのですが、芽が出始めたら、あれよあれよという間にぼーぼーになってしまいました。「これじゃあ、実は育たなくなってしまう・・・」と、混み合っているところを別のプランターに植え替えたのですが、さらにぼーぼーに。もう引っこ抜くスピードが間に合わないほど、元気に育つ一方のミニ大根。試しに、間引きした葉っぱを洗って、そのままマヨネーズをつけて食べてみたら・・・

美味しいです~。

他にも今我が家では、ブロッコリーの芽(スプラウト)が収穫の時期を迎えていますが、室内で育てたスプラウトに対し、日の光をいっぱいに浴びた大根の葉っぱはおいしさが違いますね。

前置きが、長くなりました。

当たり前の主婦のようなことを書いていますが、私にはこういう日が訪れるとは思っていませんでした。

私が7年前に大病をしたことは少し前の記事にも書きましたが、病気の最中、私は、物を書くことも、掃除をすることも、眠ることも出来ないでいました。
まがりなりにも、こういう領域で仕事をしている身。
そのときの自分の症状の意味すること、自分の病気について医者が語ることの意味、その表情、家族の落胆。自分でも悲しかったですが、理解していました。
とてもできる人だったという私の実母は同じ病気で、その有り余るほどの能力は、病気の後、荒廃していくばかりで、戻ることはなかったと聞いていました。

自分自身で日々一つ一つ、何が出来なくなったかを分かっていました。
そんな自覚があったのと、実母の話を聞いていたのとで、自分のその後を覚悟し、そして絶望しました。自分の人生はここまでか・・・と思いました。

植物を種から育てるなんて、一番できないだろう・・・そう周りは言っていました。
私も自分の出来なさを自覚するたびに、周りの「やっぱり駄目だね・・・」という視線を感じるたびに、本当にだめなんだ・・・そう思っていました。


この春。
人にとっては、育てるのが簡単な植物だったかもしれない。
でも、この春植えた植物は、皆、芽をふき、元気に育っています。
毎日、植物たちに声をかけながら水やりをしています。
そんな時間をとても幸せに感じます。

こんな日が私にやってくるとは思わなかった。

いろいろな思いをはせながら、ミニ大根の葉っぱを食べました。
おいしかった。

小学生のような作文しか書けない私。
思いがあまりにも複雑にからんでいて、うまく文に表現できませんでした。

でも、今ある私は、皆さんのおかげです。
本当にありがとう。

« April 2006 | Main | June 2006 »

Recent Trackbacks

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ