Friday, 19 December 2014

互いに「おかげさま」

Dsc_5225s

「今の自分があるのは(私)のお陰です」と手書きのお手紙が添えられて 職場のドアにぶら下がっていた。 お陰と言っても、もうとうに私を越しているよ。 私の方が「お陰さまで」です。

Thursday, 19 July 2012

친구~友達

学生時代の大事な友人が亡くなった。

この日に限って携帯もネットも珍しく見ないで、彼女の訃報を知ったのは仕事を終えた直後、職場の教室にて。

知ってからは涙が止まらないしその場で茫然としてしまうし。

きっと仕事の前に私がこのことを知ったら、泣いてしまって仕事にならないのを彼女はわかっていて、だから彼女がおもいやってくれたのだ、とすぐ気付いた。

誠実で私の何百倍も真面目な彼女。SNSをとおして久しぶりに見た写真の中の彼女がげっそりやせていた、とか、コメントの中に「(子育てについてサッカーばかりやっていて学習塾行かないで不安じゃない?と言われるけれど)だいじょうぶだいじょうぶ。”心身の健康が一番”」って言っていて、学生時代私の何倍も真面目に勉強していた彼女のセリフにしては意外な感じもしたりとか、いくつか「あれ?」と思ったことはあったのだけれど、まさかこんなことになるなんて夢にも思わなかった。

彼女としていた約束があって、でもバカな私のせいで果たせなかった。彼女の想いを受け取れないまま。

彼女は韓国人と結婚して、翻訳業をしながら韓国で子どもを育てていた。

知らせを受けても、会いに行きたいのに会いに行けない。

今まで何て近い海外だと思っていたのに

こんなに遠く感じたことは初めてだ。陸続きだったらすぐに会いに行くのに。

私にできること。

果たせなかった彼女との約束を

私が彼女の元に行く日まで

決して忘れないこと。

子どもをのこして逝かなければならなかった

彼女の想いを生かすこと。

そして彼女がしたように

私も韓国語を極めます。

名前のとおりに清らかで美しすぎるよ・・・

友達の誰にもそんな病気を抱えていたなんて言わないで、

直前までSNSで元気な風に友達にコメントして。

・・・あとはもう言葉にならないよ。

ありがとう。

Thursday, 24 May 2012

何回目の再開宣言?(笑)

このブログを始めてそこそこの年月が経つ。

その間、せっせと書く時期もあれば長い休閑期があったりしながらも

よくよく考えれば、よく続いているなぁと我ながら感心する。

一体何度目の再開宣言か(笑)

今回の休閑期は、放置していたというよりは

書きとめたいことはたくさんあるのに、

まとまった文章を書くために机に向かうという機会が

ほとんどなかったから、などと言い訳をしてみる。

ここへきて自分の中で忘れてしまってはもったいないような

書きとめておきたいこと(相変わらず私の個人的な心模様なのだけれど)が

たまってきたので、久しぶりにログインした次第。

Saturday, 12 February 2011

あっという間

作り上げるのには時間がかかるのに、壊れる(壊す)のはあっと言う間。

建物も、物も、そして人間関係も・・・

Tuesday, 14 December 2010

気づけば年の瀬…

気づけば年の瀬… 今年ははやかったかな… でもとっても濃縮された1年で、

そう考えると長いような感じもする。不思議な感覚。

…しばらく、時流に乗って(?)「つぶやき」をやってみたけれど、性にあまり合わないような気が最近とみにしている。

…合わないだけではなく、つい先週、ちょっと思うことがあって、やはり私は「ここ(=ブログ)」を大切にしたいな、と自然に思うようになった。

一方で、表現したいことはたっくさんあるのに、それに言葉をあてる作業が、以前よりもさらに難しくなっていて、このブログにやってきたり、ノートを開いてみたりしても、なかなか言葉を綴れない。・・・昔から感じていたことではあるけれど、コトバが不便だと思う今日このごろ。

そうは言いながらも戻ってきたのだから、また何やらととりとめもなく、書きとめていきたいと思う。

Friday, 30 July 2010

再復活宣言!

復活宣言をしたのに、更新をさぼっていました。

そこで再復活宣言。

というのも気づけば、負のスパイラルに完全にはまりこんでいて、でもそこから抜け出す方法は自分ではわかっていて、でもそれをさぼっていて・・・

いい言葉、いい考え、いい捉え方・・・ 最近の私はこれのどれもが皆無に近いくらいなくなっていて、これが余計負のスパイラルを招いているんですよね。

自分のノートではなくて、こういうところに何かを書こうとするとき、自分の中にあるぐるぐるに対して、いったん距離を置いて眺めることになりますね。

・・・これが実にいいんだな~と、今こうして書きながら改めて思います。

私のこだわっていることって、今私が抱いている夢、希望からすると、まったくこだわる必要のないものなんだ、って、この記事を書きだしたとたんに気づかされ・・・。

そんな取るに足らないことにこだわっていて、今を犠牲にして、今を犠牲にすることが、私の夢を遠ざけることにつながって。

再復活宣言。

いいことをいっぱい書いていきます!

Sunday, 16 May 2010

復活!

沈没していたわけではありませんが、そろそろ復活しようと思います^^

Tuesday, 05 January 2010

心の誠

Dscn0283s_2

「神明を信じ、心の誠を尽くすならば、やがて順風来り月も輝きを増してくる」

2009年は、あまりにも周囲に対する”~べき”が多すぎた。それが自分をかえってにっちもさっちもいかなくなるように追い込んでいったように思う。

先の日記に書いた”蝋燭の灯”の中で何かを感じ、家に帰ってきてもその感触が身体に残っていた。その感覚を味わっているうちにふと浮かんできた今年の目標。

「わかって欲しい」とか「こう在るべき」とか、人に期待をするのではなく、また人に助けてもらうことを期待するのではなく、自分の足でしっかりと立ち、踏ん張り、耐え、抱えられる強さを自分の中に育むこと。・・・それが私の当面の課題であり成長のためのステップなのだ、と昨年一年かかっても見いだせなかった自分の課題がようやく見えてきた。

心の誠を尽くしていれば、誰かが気づいてくれる、わかってくれる・・・のだろう。それでよい。

静かに穏やかに過ごす一年にしたい。

Monday, 04 January 2010

新年の抱負、ようやく言葉になり、いつも持ち歩いている小さなノートには既に書きつけてあるのですが、とりあえず一言だけメモ。

”引き算”でも”足し算”でもなく、いったんすべてをリセットというか、”無”になって過ごすこと。

・・・1月2日・・・あとで気づけば私の実家の家にとっては大切な日なのだが、そんなことはすっかり意識に上っていないまま、たまたま”ふと”思いついて、父と義両親を連れ、不動尊に立ち寄った。神社とは趣の異なる雰囲気。さまざまな願いが託された蝋燭が数多く灯る空間にしばし身を置いているうちに、なかなか抱くことができなかった「新年の抱負」がふっと心の中に浮かんでくる。・・・帰りの車の中で、日付に気づき心から驚く。何も考えずに何本か蝋燭を選んだのだけれど、そのうち一本に「先祖供養」を握っていた私。呼ばれたのね。きっと。

先に書いたつぶやきは、この日心に浮かんだことの一つで、当面の私の具体的な目標となる。

Tuesday, 03 November 2009

晴れた空に

文化の日に誕生日を迎えた主人へのプレゼントにと、ジャズライブに出かけました。

このライブのことは、いずれ書けたらいいな・・・と思っていますが、思いがけず入間の航空ショーを演奏会会場のロビーから堪能することができました。

確か昨年は天候が悪かったように記憶しているのですが、今日はとにかく青い青い空。

ビルの5階からの眺めは、都心では考えられないほど目の間にさえぎるものはなく、こちらの方に越してきて初めてこんなにしっかりと航空ショーの様子を眺めることができました。

ふだん持ち歩いているデジカメが手元になく、とっさに携帯で撮りました。

そのため画像は鮮明ではないのですが、青い空と飛行機の様子が何となく撮れたので、記念にアップしておきます。

こうとわかっていたら、お家でお留守番だった乗り物大好きの息子君も連れてきてあげたかったな~。

Nec_0843_2

Nec_0840

Nec_0841

Nec_0842

Nec_0838

Nec_0839

Nec_0846_2

より以前の記事一覧

Recent Trackbacks

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ