Friday, 15 October 2010

好きな花の風景

Dscn7775s

Monday, 02 November 2009

一隅に咲く花

以前はよく出かけていた神社。しばらくの間出かけていなかったことに気づいて久しぶりに足を伸ばした。

境内は七五三を祝う家族連れやお宮参りの家族連れなどで賑わっていた。

ふと目をやると、皆気づかないで通り過ぎてしまいそうな草むらの一隅に紫色の可愛らしいお花を発見。

誰にも気づかれないところに咲いているから、かえってその花が気になったのかもしれない。

写真に撮って、家に帰ってきてから調べてみた。

Photo_2

おそらくお花の名前はサフラン。アヤメ科クロッカス属 球根類。

原産地は地中海沿岸から小アジア。

にょきにょきとのびた赤い雄しべが印象的。この雄しべには鎮静、鎮咳、強壮作用があり、薬用にされるほか、香料や染料にも使われるとのこと。

花言葉は「快楽」(以上、浜田豊 著 『花の名前』 日東書院 および 鈴木路子 監修 『季節の花図鑑』 日本文芸社 参照)

きっと神社の方が、さりげなく球根を植えていたのだと思う。この神社が好きなのは、さりげないところにさりげなく、様々なお花を植えてあったり、自生して咲いていたりするところにあるのだろうな・・・と、この紫色のお花を眺めながらあらためて思った。

Monday, 07 April 2008

菜の花畑~2008

S

S_2

S_3

S_5

昨年の様子はこちら

Sunday, 30 March 2008

S

S_2

Saturday, 07 April 2007

カタクリの群生

論文と原稿が無事(ではないけれど・・・(^_^;))終わったので、ここ数日、趣味本を読みあさっていた。

自分にとって目から鱗だった言葉に出会った。

「自分の身体を愛する」

「自分」の「身体」を「愛する」・・・?

この言葉に会うまで、自分の身体を愛していないことにすら気づかなかった。

昨年の夏、「あなた、自分の身体に鈍感ね」と言われた意味を、実感を持って理解できた気がする。

まだこの言葉に会って数日だけれども、始めてみると非常に心地がいい。
身体だけではない、心(精神)もまた心地がいい。

S_73

さて、自分勝手に恒例にしている写真です^^
木曜日に夫と遠足に出かけました。
家から20分ほど歩いたところに自生のカタクリの群生があるというので、ぷらぷらと歩いて観てまいりました^^

S_74

S_75

後で知ったのだけれど、カタクリの花言葉は「初恋」だとか。

しかし、またしても紫色のお花。
今年は紫色に縁があるのか、自分が紫色に惹かれるのか・・・

因みに、紫色(Violet)の色彩言語は次の通り。
ヒーリング・奉仕・変容・スピリチュアリティ・地上における天国
合一・男性性と女性性のバランス

Thursday, 05 April 2007

菜の花畑

すがることと、委ねることは違うんだなぁ・・・

当たり前のことなのかもしれないけれど、今頃になってその違いに気づいたような気がする。

やるだけやって委ねるクセをつけたい。

S_69

さて、写真は、日高市は巾着田の菜の花畑。

近くを通りかかるのはしょっちゅうなのに、春のこの時期にここへ来たのは初めて。

菜の花は、自分と夫の出身である千葉県の県の花である。

車を降り立つと、千葉で過ごした小学生の頃を思い出す、独特の香りに久しぶりに出会って、すっかり小学生時代に戻った。

S_65

S_66

ミツバチがあちらこちらで熱心にお仕事をしている。

S_67

春の風景。

秋の風景はこちら

S_70

桜の花の色との対比は本当に美しい。

S_71

ペンペングサことナズナの群生。

S_72

ペンペングサの名の由来は、実の形が三味線のバチに似ているから。

ペンペングサの(実の付いている)根元をそれぞれこのようにすこーし下に下げてから、耳元ででんでん太鼓みたいにふると「ぺんぺん」鳴ります^^

子ども時代によくやっていたこの遊びを久しぶりにやりました^^

Saturday, 31 March 2007

春の訪れ

春がとうとうやって来ましたね。

私の住んでいる辺りは、都心よりも何度か気温が低いので、春が訪れるのも、都心に比べ、少々遅いのですが。

先週の木曜日、原稿の合間に近所をふらふらして、出会った春の使者たち。

S_55

家の敷地にあるモクレン。毎日、猫の散歩のたびに眺めては、一日、一日つぼみがふくらんでいくのを楽しみにしていました。あともうすぐ^^

S_56

蒲公英の綿毛。 子供の頃から理由は分からないけれど好きでした^^

S_57

近所のマンションの前に咲いているムスカリ。シバザクラの白との対比が素敵でした^^

S_58

シバザクラ。同じく近所のマンションに。今年こそ、秩父の羊山公園に行きたいなと思っています^^

S_59

ハナニラ。今年は何故か紫の花が気になるみたい・・・

S_60

ユキヤナギ。雪国で育った私は、名前が気に入っています^^ そういえば、時折出かけるおそば屋さんも「ゆきやなぎ」

S_61

シダレザクラ。近所の図書館でひっそりと咲いています。小さい木だけれど、存在感があります。

S_62

この子は誰だろう・・・?

S_63

駐車場で、車に乗るときに、助手席側にいるのがこの子。

私は助手席に乗るのが専門なので、毎日、この子に挨拶してから車に乗ります。

アップにするとバラみたい^^

正体はツバキです。

そして春の主役にも出会いましたが、写真が多くなったので、また次の機会にアップします^^

Monday, 19 March 2007

何のお花かしら・・・?

S_46

職場の同僚の生物学専門の先生に、つい最近、私の観察眼を褒められたことと、
『埼玉花紀行』という本にすっかり魅せられたことで、
はっと目をひいた植物たちや鳥たちを見つけては写真撮影に勤しむ毎日。

(すぐ調子に乗るというか、素直というか (^_^;) )

写真は、今日、出会ったお花です。
よく行く日高の高麗神社で出会ったのですが、
群生になっていました。

S_47

S_44

今週末に締め切りがせまった論文執筆も横に置いて、(しかも来週のあたまは、雑誌の原稿の締め切り・・・)
家にある図鑑を1ページ1ページ一生懸命調べているのですが
半日調べても、なかなかこの花の名前が特定できません・・・
花の名前を特定していく作業は得意な方なのだけれど・・・

何て言う子なのかしら?

・・・っていい加減、論文書かなくちゃ(^_^;)
でもやめられない・・・この作業(苦笑)

Recent Trackbacks

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ